スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトサイダー流第2戦線デッキ理論

最近自分が思うこと。環境トップデッキでやるよりも周りに理解を得がたいカードやデッキを使ったほうが勝率もよく、戦いやすいということ。というわけでしばらくは環境次点にいるかすらも不明な個人的に戦力になりそうなデッキに対しての考察をしてみようと思います♪対環境デッキとしての考察なのでかなり厳しく見ています。第一回は魚!!


魚(シーラカンス)
勘がいい人はすぐ気づくが、シーラカンスは一部のパワーカードに支えられており、デッキの全体バランスが猫に類似している。基本はシーラカンスを出さないと勝ちは無いと思ってよく、また猫と同じく☆4以下の魚を複数引いてしまったりするとシーラの機動力を落とし、また戦闘でアド損するというひどい状態を引き起こしやすい。またほとんどのデッキタイプが寒波を組み込みにくいため、シーラが処理されやすい。またこのデッキはフィッシャーチャージという専用サポートがあるがほとんどの場合で劣化ゴドバになりやすい。よっていかにシーラをすばやく出し、対シーラへの相手の妨害を潰すのが命となる。よって自分はジェネクスの搭載をお勧めする。ジェネクスの搭載によりカエルが落ちやすくなるため、水霊術という擬似押収の搭載が簡単になり、トラゴエディアが無理をしない点により、魚がレベルがばらばらな点から強奪しやすいため、相手のプレイングを惑わせることが出来、生贄にもなれる。また誘惑を投入するとシーラが引きやすくなるのも大きい。

次記事で自分の理論から考える魚デッキを。それとも他の人と一回話し合うべきだったかな?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TTK

Author:TTK
HN:TTk
年齢:24
職業:大学生
出身地:福岡
現住所:大阪
TwitterID:TTk_naoki
SkypeID:yu-gi-ohttk
遊戯王、ZXを現在所持していますがメインはあくまで遊戯王です。リセやヴァイス、MTG、DM、ヴァンガードもデッキを借りれば対戦出来る程度にはかじっています。
スパムコメントが一時期発生したため、念のためhttpを禁止ワードにしております。
千年戦争アイギスやってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。